給与計算システムの種類|自社のニーズに合わせてシステムを選ぶ

男女
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な機能を追加する

パソコンを触る男性

社内でのコミュニケーションツールとして、多くの企業がメールを利用していますが、メールは個人同士のコミュニケーションになっています。複数の社員でリアルタイムにコミュニケーションをするためには、社内SNSを利用した方がいいでしょう。社内での情報の共有が手軽に行えますし、リアルタイムで、しかも会話感覚でコミュニケーションが取れるために、メールよりも活性化することができるでしょう。

社内SNSは情報共有に優れたツールです。社員の知識やノウハウは、企業にとって大事な武器ですが、その武器を共有する機会は以外を少ないのが現状です。会話もしたことがない社員にメールで情報共有する社員はいないでしょう。ですが、社内SNSを利用することで、多くの社員とコミュニケーションをとることができます。全社員に向けて送信することもできますし、チームのメンバーに向けて発言することもできます。対象とする相手を選ぶことができますので、利用しやすいでしょう。

また、様々な機能があります。画像や動画コンテンツをメールで送信する場合は容量が制限される場合もありますが、社内SNSではクラウド上にデータをアップするために、制限を受けずに画像や動画コンテンツの受け渡しが可能になります。USBメモリーを購入する必要もありませんし、分割されて送信される心配もありません。案件やプロジェクトのファイルの受け渡しや、顧客の情報やデータを共有する場合に、社内SNSは活躍するでしょう。